環境配慮型コンクリートについて


 いつも大変お世話になっております。日比野仁です。

 この数年で色んなところで、持続可能な開発目標(SDGs)が盛んに取り組まれていて、

必ず1日1回は耳にするように感じます。

 またコンクリート業界でも、環境配慮型コンクリートが話題となっており、

標準型への取り組みが進まれていて、私達の地域でも実際に試験練りが行われたので、

少し自分なりに勉強してみたので、簡単にまとめます!

 岸田総理が所信表明演説で、2050年カーボンニュートラル実現に向け、

温暖化対策を成長につなげる方針を示しました。

また、臨時国会で2050年カーボンニュートラルの実現に向け、

温暖化対策を成長につなげる、クリーンエネルギー戦略を策定し、

強力に推進するとしました。

 それに従い、近年コンクリート業界でも、

環境配慮型(フライアッシュ)(高炉スラグ微粉末)コンクリートの、

研究が行われていると考えられます。

 SDGS(17の目標)で生コンはどれに当てはまるか少し調べました。

 7番(オレンジ)「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」には…
 
 7-1 2030年までに、だれもが、安い値段で、

     安定的な現代的なエネルギーを使えるようにする。

 7-2 2030年までに、エネルギーを作る方法のうち、

   再生可能エネルギーを使う割合を大きく増やす。
 
 と記載されていました。
 
フライアッシュや高炉スラグは、7番に当てはまります。

なのでコンクリートもSDGsの一つと考えられます。


※写真は、合同試験練りを行いました。
 和歌山県生コンクリート工業組合様
 鷲熊生コンクリート協同組合様
 大弘平和共同プラント㈱様
 岡本土石工業㈱ 新宮工場様
 セントラルコンクリート㈱様
 ㈱日比野生コン 新宮工場
 太平洋セメント㈱様
 国際企業㈱様
 山宗化学㈱様
 竹本技研㈱様





このブログの人気の投稿

貴祢谷神社例大祭

岡山県へ行きました